シーディースター

SIDISTAR®(シーディースター)は合成樹脂用途向けに開発されたシリカ製品です。
合成樹脂用途向けとしては、ゴム用途向けとプラスチック用途向けの2つに大きく分けられます。

無機質のSiO2であるため紫外線に対する耐性があります。SiO2純分は約97%です。

最近の研究では難燃材(三酸化アンチモンやATH)の助剤として難燃材の添加量を少なくすることが出来ます。
詳しくは下記のビデオをご覧ください。

ATH(難燃剤)の助剤効果

ゴム用途向け (R300)

主な目的は、加工性の向上です。昨今のゴム業界の傾向として、補強目的等の充填材の使用量が増加していますが、その結果、粘性が増加し、加工性が悪化するという問題に直面するケースが多くなってきております。しかしながら、加工性の向上を目的とした添加剤は、多くの場合、製品としてのゴムの物性を悪化させることとなります。
SIDISTAR®はその2つの面を解決し、加工性を改善しながらも、ゴムの物性を落とさない、全く新しいタイプの無機の添加剤です。ゴムの表面を滑らかにし、摩擦抵抗を下げます。

プラスチック用途向け (T100、T120)

主な目的は加工性の向上です。無機のため紫外線に対する耐候性に優れています。ファイバーの分散助剤としても使用されます。また、発泡の起点剤になりきめ細やかで均一な発泡が実現できます。

用途:塩化ビニール加工、プラスチック成型

詳しくは、弊本社のホームページをご確認下さい。

http://www.sidistar.com/

エンジニアリングプラスチック向け Sidistar T100(顆粒) Sidistar T120(顆粒)Sidistar T120U(粉体)
工業ゴム向け Sidistar R300(顆粒)
NOTE)粉体品は分散性に優れるがハンドリングは粉の流動性悪く粉じんが舞いやすい。