会社概要

C image002会社名  エルケムジャパン株式会社
所在地  〒100-0014 東京都千代田区永田町2-13-1 オカムラ赤坂ビル8F
電話     03-3596-1051
Fax    03-3596-1052
代表者  池田達哉 / 社長代行 取締役事業部長 ファウンドリー&カーボン
設立     1977年(昭和52年)
株主     Elkem AS(ノルウェー)100%

事業内容

ソーラーグレードシリコン、金属シリコン、フェロシリコン、マイクロシリカ、カーボン、ファウンドリーアロイ、機器・技術サービスなど。

エルケムの最初の研究開発成果は、ゼーダーベルグ電極式電気精錬炉です。1928年に最初の同電気炉(写真)を日本に導入して以来、1970年代まで多くの電 気炉、電極システムを納入し、日本の非鉄精錬業の発展に貢献してきました。1977年に日本法人を設立し、エルケムの各種金属製品の販売に本格的に着手しま した。

当社の代表的シリコン製品”シルグレン”は、電子、化学、その他用途で、永年のご愛顧を頂いております。1985年からは、マイクロシリカの用途・市場開発を 行い、建築、建設、耐火物などに安定的な供給活動を行なっております。今世紀に入り、太陽光発電関連の事業展開も進めております。

Elkem History

2016 3.1 中安新社長就任。
2014 名古屋サテライトオフィス開設。
2013  Bluestar Silicones日本代表事務所が合流。
2012 韓国事務所開設。
2011 事務所を永田町に移転。
2009 Elkem Solar Silicon操業開始。
2006 2.7 billion NOKの投資でKristiansadのFiskaaでElkem Solar Silicon工場建設決定。
金属シリコン工場(Elkem Fiskaa, Elkem Meraker)閉鎖。
2005 Orkla社がElkemをOrklaグループに吸収。
ElkemとSAPAがOrklaグループ内で兄弟会社となる。
2004 Renewable Energy Corp(REC)の株式23%取得。
2003 Icelandic Alloyの株式100%取得。
SAPAがRemi Claeys Aliminiumを買収。
2002 フェロクロム関連をCompanhia Vale do Rio Doceに売却。
SAPA株式72%取得。
Alcoa社がElkem株式40%取得。
2001 SAPA株式35%取得。
1999 マンガン関連をEramet社に売却。
1997 Elkem Icelandic Alloyの株式51%。
1996 Norsk Jernを清算。
1992 Elkem Nefelin, Elkem Rockwool, Elkem Eiendomを売却。
1990 Norsk Jern Holdingの45%株式取得。Rana鉱山を買収。
Elkem Business System (EBS)を構築。
1986 Thamshavn、Bjolvefossenを買収。
1981-1984 Union Carbideを買収しNorway、USA、Canadaで事業展開。
1977 エルケム・ジャパン株式会社設立。
1971 Elkem Aluminium Lista操業開始。
1970 Norway国外の生産展開開始。
1960 Norway国内で各種フェロアロイ、アルミ精錬、鉱山開発を拡大。
1958 Elkem Aluminium Mosjoen操業開始。
1928 日本にElkem第1号炉を納入、以後1970初まで各種金属精錬炉を販売。
1917 最初のフェロアロイ工場を買収。ゼーダーベルク電気式でアルミ精錬法を開発。
1904 冶金化学エンジニアリングベンチャー企業として創業。