グラファイト

電気自動車(EV)用電池技術

現在、電気自動車用電池の大半は、負極、正極、電解液、セパレーターの4つの要素で構成されるリチウムイオン電池技術が採用されてます

なぜ負極が重要なのか?

負極材料は次のバッテリーの性能特性を決定します。

    • 充電速度
    • 最大容量と可逆容量
    • サイクル寿命と耐久性

負極材の設計と加工は、電池全体の性能を左右するため、適切な負極材を選択することが重要です。  現在、負極材の多くは中国で生産されており、生産と輸送の両面で持続可能性が損なわれています。より持続可能な人造黒鉛の生産を市場の近くで生産することが、環境に優しく信頼性の高い電池サプライチェーンへの鍵となります。

お客様のニーズに合わせて

Vianode社は、継続的に改善された研究開発プロセスを通じて、お客様の要求に合わせてユニークな性能特性を持つ人造黒鉛製品を開発しております。

当社の製品の一般的な特性の一部を以下のグラフに示します。

 

次世代技術

現在は人造黒鉛が最良のソリューションですが、Vianode社は容量と充電速度を向上させるために、シリコンと黒鉛の複合体による次世代の負極材料技術の開発も進めています。

詳細については、当社の技術担当にお問い合わせください。

Vianode社のすべての製品は、持続可能な方法で設計され、ノルウェーで生産されています。詳細については、サステナビリティのページをご覧ください。