シーディースター

SIDISTAR®(シーディースター)はポリマー向けに開発されたシリカ製品です。
ポリマーに添加して、流動性・可能性向上、ゴムの劣化抑制、難燃剤の助剤、繊維の分散助剤として使用できる無機の添加材です。

無機質のSiO2であるため紫外線に対する耐性があります。SiO2純分は約97%です。

特に難燃剤の助剤として機能します。これにより難燃剤(三酸化アンチモンやATH)の添加量を少なくすることが出来ます。

Sidistarの商品ラインアップ

ゴム用途向け (R300)

主な目的は、加工性の向上です。昨今のゴム業界の傾向として、補強目的等の充填材の使用量が増加していますが、その結果、粘性が増加し、加工性が悪化するという問題に直面するケースが多くなってきております。しかしながら、加工性の向上を目的とした添加剤は、多くの場合、製品としてのゴムの物性を悪化させることとなります。
SIDISTAR®はその2つの面を解決し、加工性を改善しながらも、ゴムの物性を落とさない、全く新しいタイプの無機の添加剤です。ゴムの表面を滑らかにし、摩擦抵抗を下げます。

例として、SIDISTAR®添加によりゴム練りの負荷が10%軽減されるため、製造コスト抑制に貢献しました。

 

プラスチック用途向け (T120U)

主な目的は加工性の向上です。スケーリングを要請し生産性向上に貢献します。無機のため紫外線に対する耐候性に優れています。ファイバーの分散助剤としても使用されます。また、発泡の起点剤になりきめ細やかで均一な発泡が実現できます。

用途:塩化ビニール加工、プラスチック成型

勿論、ゴム用途にも使えます。R300は顆粒状ですが、120Uは粉体状です。ゴムに添加する場合、120Uの方が分散性が向上します。

タイヤへの応用事例もあります。SIDISTAR®添加により、引張強度向上、補強効果向上などの報告もあります。

EV用タイヤの開発に役立つものと考えております。

 

詳しくは、弊本社のホームページをご確認下さい。

エンジニアリングプラスチック向け Sidistar T120U(粉体)
工業ゴム向け Sidistar R300(顆粒)
 
NOTE)粉体品は分散性に優れるがハンドリングは粉の流動性悪く粉じんが舞いやすい。